誰しもが重圧を抱え、不安な気持ちになる転職ですが、一定の割合でそれに該当しない方もおられます。その職種の経験が長い、特定の資格を所持している等、比較的その転職に有利であると明らかと考える方にその傾向が見られます。

 

キャリア、資格は大切であるが

たしかに、その職種が長く最初の転職となれば、採用側としてはキャリア豊富と判断し、採用までのプロセスに有利に働くでしょう。資格も同じです。月並みな資格であれば、さほど意味をなしませんが、その資格を所持する人の絶対数が少ない希少なもの、且つ所持する事そのものが極めて難しくその職種に有効となるものであれば、その転職は非常に有利に進む事だと考えられます。

 

「人物」も見ている

「どうせ自分は採用される」という思考は極めて危険です。何故なら、このご時世採用側は「人物」をよく観察する傾向にあるからです。要するに、仕事が出来るか等の観察もさることながら、その職場に対して有用な人物であるかどうかもしっかり観察されるのです。よく考えてみると分かりますが、不遜な態度を取る人物を特定の所属に配置し、はたして上手くその所属は機能するでしょうか?答えはもう分かると思います。

 

どのようなキャリアを持っていても、どのような資格を持っていても、「人物を評価される」という点では皆同じです。

 

最初が肝心

勿論、差し引きはあります。「不遜な態度だが、トータルで自社に利益はあるだろう」と採用される可能性は十分にあります。ですが、そこで下された評価は長期間に渡って付きまといます。その評価は当然上層部は把握している訳で、それにより冷遇に繋がる恐れもあるのです。

 

よって、どのような経歴を持っていたとしても、転職は初心の気持ちで万全に望まなければならないのです。その職種の長い方は、自分が初めて仕事をした時の事を思い出してみましょう。

 

 

参考情報
大学中退者にとって就職は難しいのか
大学中退から就職するポイント

更新履歴