転職をする動機について

 仕事を変更するのであれば、次に入った職場では今まで以上に活躍したいと考える人もいると思います。キャリアアップをしたり、自分のやりたい分野をもっと極めたいという気持ちは転職の大きな理由の一つです。その中の動機に「出世をしたい」という場合もあるでしょう。つまりは、ポジションが高くなることで自分に任される責任が多く、厳しくなるものの、その分報酬額が上がりますから、家族を養ったり、自立のための資金にあてるなどのいろんな目的に出世は寄与してくれるわけです。しかしながら、転職の際に注意しておきたいのは、人材の流動性です。

 

出世しやすい企業への転職

 この流動性があまり活発でない企業の場合には、どんなに頑張っても出世がしにくいという問題があります。もちろん、組織が固定化されている企業の場合には安定しているという利点もありますが、自分の力を思う存分発揮して、その分だけ評価が目に見えて分かることを望んでいる場合には、なるべく実力主義で人材の入れ替わりが激しい企業を選んだ方が良いでしょう。もちろん、厳しい環境下に置かれることが嫌な方もいらっしゃいますから、その場合は逆に入れ替わりがそれほど多くない企業を選んで転職をしましょう。