転職活動で最も重要なのは職種

 新卒の人が就職活動をする場合、どのような業界で働きたいかを重視して、仕事を探すことが多いです。しかし、職歴を持っている人が転職活動をする場合は、同じように行動することは避けた方が望ましいです。転職活動において、業界というのはあまり重要ではありません。転職活動で重視するべきなのは、どのような職種なのかという点です。これまでに身につけてきたスキルを活かすことができる場を探すようにします。

 

自分の能力・スキルをアピールする

 企業に応募する際は、履歴書と職務経歴書を提出するのが一般的です。採用担当者は、書類の内容を見て、面接を行なうかどうかを決めています。しっかりとした職歴を持っていても、記入内容が不十分だったりすると、採用担当者の目に留まらず、書類選考でふるい落とされてしまいます。なかなか面接に進むことができない場合は、書類の内容が充実しているか、再確認する必要があります。能力・スキルをアピールする内容にしなければなりません。

 

面接では積極性を見せる

 面接を受けることになったら、書類に記入した内容をより具体的に説明していきます。自分を採用すれば、企業にとって大きな利益になることをアピールしていくのです。できるだけ積極的に発言し、印象付けることが大切です。