面接で聞かれる項目

 転職の際、絶対に避けて通れないのが面接です。これを突破しなければ、採用はありえません。
ですが、面接のときに急に良い答えを言おうと思っていても、いざとなると緊張も手伝って、なかなか良い答えは言えないものです。ですから、一般的に面接の際によく聞かれる項目については、事前に答えを準備しておくことが大切です。

 

前職の退職理由

 面接でよく聞かれる項目の一つに前職の退職理由があります。履歴書にはどんな企業に勤めていたかを書いていると思いますが、辞めた理由は通常「一身上の理由により退職」と言う感じで明確にか書かないものです。ですから、この点は企業の採用担当者が突っ込んで聞いてくると思っていたほうが良いでしょう。なぜ辞めたか、その理由によって採否が決まることもあるほど重要な問題でもあると認識しましょう。

 

退職理由のポジティブさ

 この退職理由に関して、採用担当者に反感を買うような答えをしては絶対にいけません。どんな理由があったとしても、辞めた理由はポジティブに見せることが重要です。また、辞めた企業の悪口はあなた自身のイメージダウンになるので避けましょう。実際、人間関係で退職した人が多いと思いますが、これを理由にするのは良い印象は与えませんので、注意しましょう。